出雲への旅・古代ジュエリー

2014年7月14日

 

 

IMG_2134植田正治写真美術館がある、岸本駅から7-8分、伯耆大山駅で乗り換えて約1時間、出雲市へ。

 

社殿風の駅舎には、イナバの白ウサギの絵があり、出雲大社への雰囲気を盛り上げています。

 

 

IMG_2140

翌朝、駅前からバスに乗り約25分、出雲大社へ。

 

早めだったせいか、参道には人がまばら。。

 

お社の裏に山があるためか、

(今回知りましたが後ろは八雲山)

全体が、大きな森のよう。

 

すっ〜と、心地よい空気を感じます。

 

 

IMG_2166

参拝後は、お社の周りを散策。

 

緑が濃いです。

 

 

IMG_2210

ランチは、そばの実を皮ごと挽く、出雲そば。

黒く、素朴な味わいでした。

 

食後は、参道脇のベンチに寝そべってプチ森林浴。

ずっと寝ていたい気分。。

 

 

IMG_2213

参道の脇道に入ると、隣に古代出雲歴史博物館(島根県立)があります。

 

 

IMG_2219

古代の貫頭衣を、現代風にアレンジした、スタッフの制服が素敵でした。

勾玉のネックレスも光っています。

(写真でお見せ出来ないのが残念)

 

古代の出雲大社の 1/10 復元模型

登って行くスタイルは、昔訪れたメキシコのチェチェン・イッツア遺跡と同じ。何だか不思議です。

 

 

IMG_2220

出土品(青銅器や太刀)など、見る物は沢山ありますが、やはり気になるのは、古代の装身具です。

 

 

IMG_2228ヒスイやメノウなど、美しい石を、削り、磨いて作った勾玉やビーズ類。

古代と同様、キリを使って石に穴を開ける体験もできます。

どれだけ時間がかかったのでしょうか。 ふうっぅ。。

 

 

IMG_2223守りや、祭事の意味合いで使われていた、古代装身具。

奈良〜明治時代に入るまで、千年以上も日本の文化から姿を消していました。

 

現代では、西洋から入ったジュエリーが一広がっていますが 、自分たちのルーツに根ざした、オリジナルなジュエリーの身につけ方を探求したい、と思っています。

 

 

DSCF0013

「時をこえて」ヒスイの勾玉ネックレス

 

古代に思いを馳せる「時をこえて」シリーズ

ヒスイの勾玉と天然石のネックレス

 

 

 

 

出雲大社

島根県立古代歴史博物館